ハリアーインテリア

インテリアのデザインコンセプトもラグジュアリーかつスポーティたる高級感にあふれたものまるでその手が作り込んでな感覚今時のセンスをうまく活用しており、まさにハリアーというような仕上がりを見せている。

 

そもそもハリアーのキャビンは同じSUV であるランドクルーザーのような広々感を強調したものではなく居心地の良さを溢れていることをアピールしたいという思いが強められてる。

 

インパネは大胆な色使いと存在感があるセンタークラスターが特徴的で高級サルーン的な雰囲気を出している特に色合いでは見やすさだけではなく独特な色合いから大人向けの印象を与えている。

 

ソフトパッドや表側など木目基調のパネルなどによって温かさを通じるアナログ感を表現しながらインパネに用いたデザインは、同アップルハンドルに使ったり、ドアスピーカーとメーターリングの形状をリンクさせるなど、遊び心にも溢れているところがポイントだ。

 

シートはヒットポイントを低めドライビングのよさそれから乗り降りと両方にバランスよく作られています。

 

後部座席は2010年位前のモデルよりも が広げられており、ゆとりを感じさせるなどまさにハリアーらしい快適性を作り上げているもちろんドライバーズシートの調整はオートタイプを採用しており、実績のオート機能は一部グレードにオプション設定

 

荷物を詰めるダンパーの張り出しを抑えることで容量アップして住みやすさもアップしており、フロア下にも収納を競ってその使いかっての良さを更に高めている。

 

スマホ置くだけで充電できるおくだけ充電や木目素材を多く利用した高級感なども演出大きく開くムーンルーフは星空など夜に飽きると最高のシチュエーションを作り出す。