ハリアーのスタイリッシュな外観

ハリアーのスタイリッシュな外観

 

少しだけダウンサイジングでもキャビンは広々となった。
かっこよさが全面に描かれているハリアーがボディーサイズは2代目よりもダウンサイジングされている。実は2世代目までは軽プラットホームからRV 方等に採用されている新MC プラットフォームへとスイッチしたためだったのだが、そのスタイリングを眺めていると、クラス感が変わったようなイメージは全くない

 

ホイールベースは先代よりも55ミリショートとなっているが、フロントオーバーハングは60ミリを伸ばされりゃ法具などトータルとしては前進−15メートルにすぎない

 

2代目のハリアーは大きくなりすぎていたところがあり、今回の3代目ハリアーはダウンしてコンパクトに乗りやすく今の時代に合った車とも言えます。

 

ボディーサイズは小さくなりましたがキャビン が拡大されており、リアシートは前後距離感+12ミリ膝マイスペースは+47ミリと気持ちサスペンションレイアウトも見直したことにより10代よりもその内容は、17リットル増えると内装自体は大きくなっているのだ

 

また、外観では現代版ハリアーと言わんばかりのテイストに溢れフロントマスクではフロントグリルとランプと一体化しており、非スポーティーさを表現サイドビューはSUV らしく安定感を高く水平に書いたショルダーラインおけいこにしたD ピラーを描いている

 

スポーティさと高級感をSUV らしくまとめバランスを挙げた安定感古書この3代目ハリアーの外観の特徴にもなっている。

 

 

メカニズムと装備

 

今に通じるポテンシャルと一歩先を行く装備類に装備類の中でひとつあるのが再申請のメカニズムに多く採用されているそう心臓部のハイブリッドエンジン直4の2000cc ガソリンエンジン

 

ハイブリッドの使用については過去の張りやハイブリッドがV 8のエンジンで、圧倒的なパワーを引き出すという目的だったのだがこれが、V 6エンジンを組み合わせ排気量を抑えたが、パワーはハイブリッドモータを使用することで、V 8にも全く引けを取らない乗り心地を実現している。

 

クラスを大きく超えた燃費性能をバランスさせていることがトピックとなっている。ハリアー

 

一方のガソリンエンジンはやはりダウンサイジングされて直42000cc を採用することになったパワーダウンが心配されるかもしれないが、そもそものエンジン性能が高いことから、車両重量が軽量化されたことなら2CVT との協調制御によってパワー不足を感じることは少ないと語る

 

ちなみに全くパワー不足という事ではなく、若干パワーは不足している

 

シャーシでは振動数観覧場を採用して状況に応じた。伸縮性で乗り心地を徹底的ね。よくしている。運転のしやすさやは、さらにブラッシュアップさせている。

 

 

また、装備面もかなり充実しており、トヨタ初採用となるパワーバックドアやスマホや携帯をケーブルにつなぐことなく充電できるおくだけ充電

 

挟み込みだけではなく、世界初となるステア腕の巻き込みを防ぐ機能を採用した全土はワンタッチ式パワーウィンドウなど

 

初めてと名の付く最新の技術がこのハリアー3代目に組み込まれておるSD ナビでもTFT カラーモニター8インチハリアーではおなじみだった。JBL サウンドシステムなども含まれております

 

もちろん17インチアルミホイール18インチアルミホイールとSUV 独特のホイールの大きさまた、55R といったクッション性を充実してるのも見事だ